転職先の職場環境はどうなのか


2017年05月25日 16:46


転職理由として上位を占める「職場の人間関係」

職場の人間関係に疲れてしまい、転職を検討する方というのは医師という職種に限らず、どのような業界においても転職を検討するきっかけとなった理由として上位を占めております。

特に病院勤務となる医師にとって、病院というのは良くも悪くも人が多く集まる場所です。
自分の上司となる人間、色々な業務を担ってくださる他の看護師の方々などに支えられて、仕事を行う場合が多いでしょう。

しかし残念ながら、全ての病院において「良好な人間関係」だけが存在しているわけではなく、また、「良好な職場環境」と呼ばれるような場所は”どちらかと言えば”それほど多くないというのが現状です。

そういった状況ですので、今の職場における環境、人間関係などが煩わしい、あるいは仕事に集中できないとして転職を検討したとしても、よく考えず条件だけで職場を決めてしまうと、また同じような悲劇が繰り返されてしまうかもしれません。

そこで今回は、転職する医師の皆さんに事前に確認しておいてほしいこととして、転職先となる病院の内部について、リサーチしておくことの重要性などについて、お話をしたいと思います。

職場の環境があなたの人生を左右する

皆さんは転職するときに、まず希望条件を考えると思います。
収入、職種、勤務地、当直の有無など、気になる場所はそれぞれでしょうが、概ねこのような内容を真っ先に検討するでしょう。

しかし、その理由の大半は転職時における求人案件にはそのような情報しか掲載されていないからです。
もし仮に、その他にどういった方が働いていて、環境はどうなっているのかなど、具体的なことが記載されていたとすれば、皆さんは他の状況も含めて、再度検討をされるのではないかと思います。

つまり、皆さんも普段はそれほど気にしていないながらも、心のどこかでは新しい場所に対しての様々な不安を抱えているということですね。

その不安を解決するための方法として、最も適しているのが「職場見学に行く」あるいは「十分に状況を知っている方から話を聞く」というものです。
そして、このどちらの選択肢も、医師転職に関する専門コンサルタントを通じて仕事探しをおこなうとすれば、選ぶことが可能となります。

簡単な面談後、実際に働く職場を見学に行くことも可能ですし、事前にどのような職場の環境なのかをヒアリングしてもらうこともできるので、そういった意味合いでも医師の転職に関してはコンサルタントを利用される方が多いのです。

また、第三者視点で客観的にみて頂くこともできますので、自分だけでは判断できないことであったとしても、貴重な意見を手に入れることができるでしょう。
職場のストレスほど害のあるものはありません。
そういった職場を避けるためにも、ぜひ相談されてみてはいかがでしょうか。